【エックスサーバー】独自SSLを「外部サーバーでのWeb認証」で行う方法

セキュリティ
  • URLをコピーしました!

当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

エックスサーバー及びシン・レンタルサーバーで独自SSLを「外部サーバーでのWeb認証」で行う方法の解説です。

サイト移転などで、ドメインを運用するサーバーを変更する際は、通常ネームサーバーを変更しないとSSL認証を受けることができません。

エックスサーバーやシン・レンタルサーバーでは、ドメインを他社サーバーで運用しながら、事前に独自SSL設定を追加することができます。

目次

独自SSLを外部サーバーでのWeb認証で行う方法

本記事で使用している画像はシン・レンタルサーバーのサーバーパネルで撮影しているため、全体的に赤っぽくなっております。エックスサーバーでは全体的に青っぽいですが、操作法に相違はありません。

STEP
サーバーパネルトップでの操作

エックスサーバーまたはシン・レンタルサーバーのサーバーパネルにログインします。

サーバーパネルの「ドメイン」→「SSL設定」をクリックします。

エックスサーバーサーバーパネル
STEP
ドメイン選択

SSL設定したいドメインの「選択する」をクリックします。

ドメイン選択画面
STEP
設定するドメインの確認

「独自SSL設定追加」タブをクリックし、「確認画面へ進む」をクリックします。

設定するドメインの確認
STEP
トークンファイルのダウンロード

認証方式で「外部サーバーでのWeb認証」を選択すると、2つのトークンファイルがダウンロードできるようになります。2つともダウンロードします。

トークンファイルは1つの場合もあります。

「確認画面へ進む」はまだクリックしません。

トークンファイルのダウンロード
STEP
移行元のサーバーにトークンファイルをアップロード

移行元のサーバーにトークンファイルをアップロードします。アップロードにはファイルマネージャーやFTPを使用します。

アップロード場所はhttp://example.com/.well-known/acme-challenge/です。「.well-known」フォルダや「acme-challenge」がなければ新規作成します。2つのトークンファイルは同じフォルダにアップロードして問題ありません。

ファイルマネージャー上では「public_html」フォルダの直下、またはマルチドメインならドメイン名のフォルダ直下に「.well-known」を作成します。

カラフルボックスのファイルマネージャーでの例

下図はカラフルボックスのファイルマネージャーでの例です(カラフルボックスからエックスサーバーにサーバー移行する想定)。

「.well-known」フォルダ作成場所レイ@カラフルボックス
STEP
確認画面へ進む

トークンファイルをアップロードしたら、サーバーパネルに戻って「確認画面ヘ進む」をクリックします。

トークンファイルアップロード後確認画面に進む
「トークン設置URLにアクセスできませんでした。」というエラーが出る場合

次のような画面が表示されたら、トークンファイルのアップロードに問題があります。設定を見直してください。

トークン設置URLにアクセスできませんでした。
STEP
SSL認証の完了

トークンファイルのアップロードに問題なければ、次のような画面になります。「追加する」をクリックします。

SSL認証の完了

認証が開始するので、しばらく待ちます。

SSL認証の完了

完了です。

SSL認証の完了
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか?

コメントは管理人の承認後、表示されます。

目次