MENU

WordPressテーマ「SWELL」徹底レビュー: 初心者にSWELLがオススメな理由は?

当ページのリンクには広告が含まれています。
SWELL
  • URLをコピーしました!

WordPressのテーマ選びはアフィリエイトブログを成功させるために非常に重要です。特に、SWELLは国内シェアNo.1を誇るオススメのテーマです。しかし、購入に踏み切る前にSWELLのメリットとデメリットをしっかりと理解することが重要です。

今回はSWELLを購入しようか迷っているかたに向けて、SWELLがなぜオススメなのか、反対にデメリットはないのか解説します。具体的にSWELLではどんな機能が使えるのか厳選してご紹介もしますので、ぜひ参考にしてください。

目次

SWELLをオススメする人としない人

SWELLは多くの人にとって魅力的なWordPressテーマですが、全ての人にフィットするわけではありません。以下で、SWELLをオススメする人としない人について詳しく解説します。

SWELLをおすすめする人SWELLをおすすめしない人
アフィリエイトブログで収益化したい人趣味のブログを開設したい人
IT技術者やWEBデザイナーを目指している人

アフィリエイトブログで収益化したい人

アフィリエイトブログで収益化を目指す人、つまりアフィリエイターには強くオススメします。

SWELLはSEOに強いテーマであり、高度なカスタマイズが可能です。これはアフィリエイトブログで収益を上げる上で非常に有用です。また、高速なページ読み込み速度とモバイル対応が収益化に直結する要素となります。

趣味のブログを開設したい人

シンプルなテーマを求める趣味のブロガーには、SWELLはオーバースペックと感じる可能性があります

趣味のブログを開設する場合、必ずしも高度な機能やSEO対策は必要ではありません。SWELLは多機能であり、その設定やカスタマイズにはある程度の学習が必要です。

ただし収益化に興味はなくても「アクセスアップして多くの人に見てもらいたい」と考えているなら、SWELLを選ぶ価値はあります。

IT技術者やWEBデザイナーを目指している人

IT技術者やWEBデザイナーを目指している人にとって、SWELLのような高機能テーマは学習の妨げになる可能性があります。

特に、自分でゼロからコードを書く練習が重要な初心者にとっては、基本的なコーディングスキルやデザインの原理を学ぶ機会が減少してしまいます。

SWELLをオススメする理由8つとデメリット2つ

アフェリエイターがSWELLを選ぶべき理由としては、以下の点が挙げられます。

おすすめの理由
  • 専門知識不要で簡単にデザインできる
  • 高速化とSEO機能
  • プラグインが少なくて済む
  • アップデート対応が速い
  • 買い切り&複数サイトに使いまわし可能
  • 不明点をフォーラムで解決できる
  • SWELLのアフィリエイトができる
  • 他テーマからの乗り換えが楽

一方で、SWELLには以下のようなデメリットも存在します。

デメリット
  • 販売価格が高い
  • コーディングの経験が得られにくい

SWELLはデザインの簡便性、高速化、SEO対応など多くの利点を持ちます。特に、専門知識がなくても使いやすいのが大きな魅力と言えます。

ただし、販売価格が高く、コーディングの学習機会が少ないというデメリットはあります。それでも、多機能で使いやく誰にでもオススメできるWordPressテーマです。

SWELLをオススメする理由

専門知識がなくても簡単にデザインできる

SWELLは直感的な操作で、本格的なデザイン、効率的な執筆をすることができます。HTMLやCSSの専門知識がなくても、ウェブサイトのデザインやテキストの色調整が簡単に行えます。

公式サイトにはデモサイトが掲載されており、その高いデザイン性を確認できます。ぜひ一度ご覧になることをオススメします。

操作性が高いため、誰でも簡単にWordPressを運営できます。その結果、記事の執筆に集中することができ、スムーズなサイト運営が可能です。

高速化とSEO機能

SWELLは、高速化やSEO(検索エンジン最適化)にも力を入れています。

もともと表示速度やSEOに優れていたところに、WordPress高速化の専門家であるスキルシェアさんと顧問契約を結んだことで一層強化されました。

参考:高速化のプロ、「スキルシェア」さんと顧問契約を締結しました。

さらに、機械が解析しやすいエラーのないHTML構造を持ち、Googleが記事の内容を適切に理解するための「構造化データのマークアップ」も自動で行えます。

参考:SWELLの特徴

これらの高速化やSEO対策により、検索エンジンからのアクセスアップが期待できます。

プラグインが少なくて済む

SWELLは必要なプラグイン(追加機能)が少なくて済む点が魅力です。他のテーマで別途プラグインが必要な機能も、SWELLには最初から組み込まれています

例えば、以下のようなプラグインはSWELLの機能で実装可能なため、不要です。

プラグイン名目的
WordPress Popular Posts記事の人気ランキング表示
Table of Contents Plus目次作成
W3 Total Cacheキャッシュ生成(サイト高速化)
AutoptimizeJavaScript・CSS・HTMLコードの軽量化・圧縮(サイト高速化)
Flying ScriptsJavaScriptの遅延読み込み(サイト高速化)
不要プラグイン一例

多くのプラグインを追加すると、サイトの読み込み速度が遅くなるためアクセス数が減少しSEOも不利になります。さらに、セキュリティリスクが高まる恐れもあります。SWELLではプラグインを減らせるため、高速で安全なWordPress運営が可能です。

また、サイト高速化系のプラグインはページレイアウトの崩れやJavaScriptの不具合を引き起こすこともあります。SWELLの高速化機能はSWELLに最適化しているので、滅多なことでは不具合を起こしません。

アップデート対応が速い

SWELLはアップデートが高頻度で、信頼度が高いテーマです。迅速な不具合の修正や、使いやすくするための改善改良がマメに行われる背景には、ユーザーファーストな姿勢を感じます。

WordPress側がアップデートされた際も、それに合わせたテーマ側の対応が早いと安心できます。また開発者の了氏はとても熱心なかたで、SWELL利用者限定のフォーラムで購入者から寄せられた要望にも、できる限り寄り添ったアップデートを意識されています。

利用者のことを第一に考える姿勢は、それだけでもSWELLを利用する価値を感じさせます。

買い切り&複数サイトに使いまわし可能

SWELLはサブスクリプションではなく買い切り型です。しかもGPL100%テーマなので、一度購入すれば複数のサイトで使いまわすことが可能です。

アフィリエイトブログでは複数のサイトを開設することで収益を増やすことができるので、将来的には第二、第三のサイトを運営することになります。

SWELLは複数のサイトで利用できるため、運営するサイト数が増えれば増えるほどコストパフォーマンスが向上します。

不明点をフォーラムで解決できる

SWELLには、開発者や他のユーザーに直接質問できる専用のフォーラムがあります。SWELLを購入すると、このフォーラムで開発者の了氏や他のユーザーから回答を受けることが可能です。また、改善希望点や不具合の報告も可能です。

質問をする前には、自分で調査することが重要です。SWELLの公式サイトには設定マニュアルが掲載されており、インターネット上にも多くの情報があります。フォーラム内でも過去の質問を検索できるので、それらを参考にすることが推奨されます。それでも解決しない場合は、フォーラムで質問しましょう

SWELLのアフィリエイトができる

SWELLは購入者限定で、アフィリエイトの商材にSWELLを導入できるようになります。

SWELLは2023年1月時点で国内シェア率No.1を誇っており、実際の機能もすぐれていることから、アフィリエイトでも非常におすすめしやすい商材です。

参考:【2023調査】WordPressテーマの人気シェアランキング【有料/無料、日本/海外】

報酬額は1件につき2,500円です。購入者でないとアフィリエイトできないということは、おすすめされる側からすれば信頼できるポイントにもなります。

他テーマからの乗り換えが楽

SWELLでは、他テーマからの乗り換えが簡単にできるプラグインが用意されています。WordPressのテーマの切り替えは非常に手間がかかり、できれば避けたい作業です。

SWELL公式の「乗り換えサポートプラグイン」を使えば、テーマの変更により過去の記事のレイアウトが崩れるのを、一時的に防ぐことができます。乗り換え用プラグインを使用している間は動作が重たくなるので、最終的にはすべての記事のリライトが必要ですが、焦ることなく調整を進められます。

乗り換えサポートプラグインで対応しているテーマは、以下6つです。

  • Cocoon
  • AFFINGER5
  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • THE THOR

乗り換え用プラグイン対応のテーマを現在使用しているかたは、安心してSWELLへ移行できます。

SWELLのデメリット

販売価格が高く感じられる

SWELLのデメリットとして、販売価格が高く感じられる点があげられます。確かに、以下の表のようにSWELLより価格が抑えられたテーマは数多くあります。

テーマ名料金(税込)
SWELL17,600円
THE THOR16,280円
JIN:R14,800円
AFFINGER614,800円
SANGO14,800円
STORK1911,000円
SWALLOW9,900円
(2023年9月現在)

ただし他のテーマだと、全機能を活用するために有料のプラグインを販売している場合もあります。その点、SWELLは初めから高性能なため、追加課金なしで充分な機能を使用できます。

単に販売価格だけを考慮すると、高価に感じるかもしれません。しかし、使いやすさ、高速、SEOに有利、頻繁なアップデート、複数のサイトでの使い回し、さらにはSWELLのアフィリエイトプログラムも考慮すると、長期的にはコストパフォーマンスが高いと言えるでしょう。

コーディングの経験が得られにくい

SWELLはマウスクリックだけでデザインが完成するため、コーディングの知識がなくてもウェブサイトを運営することが可能です。この特性は、HTMLやCSSの学習に時間や労力をかけたくない人々にとって、記事作成に集中できる大きなメリットとなります。

一方で、他のテーマと比較してHTMLやCSSを手書きする機会が少ないため、コーディングスキルを磨きたいと考える人にはデメリットとも言えます。ただし、これは本人の取り組み次第であり、SWELLを使用しているからといってコーディングの知識が身につかないわけではありません

例えば、フローティングバナーを設置する際には、自分でコーディングする方法とプラグインを使用する方法があります。どちらの手法も一長一短なので、自分に最適な方法を選ぶことが重要です。

SWELLの便利な機能6選

ボックス装飾(ブロック装飾)

ボックス装飾(ブロック装飾)とは、文章をさまざまなデザインで囲む装飾のことです。
デザインの種類は、2023年9月現在で計28種類(ボーダー設定4種、スタイル24種)あります。他にも、文章の背景色を変更したりとさらなるバリエーションも加えられるのです。

例として、

シンプルな装飾

吹き出し

アイコン付きボックス

アイコン付きボックスの背景色を変更したもの

などがあります。

なにか強調したい文章があるときに活用できます。

テーブルブロック

テーブルブロックとは、表をつくる機能です。料金やスペックの比較表などを作ることができます。


「〇」「×」「△」などのアイコンを挿入できたり、表が横に長くなった場合のスクロール機能もついています。文字や背景色の変更も、もちろんできます。

実際に作成した表がこちらです。この表はあえて横長にしてスクロール機能を試せるようにしています。

スクロールできます
A商品B商品C商品D商品
価格800円1200円2000円2000円
ターゲット層初心者向け中級者向け中級者向け上級者向け
販売開始年2003年1999年2003年2013年

情報を見やすくまとめる際には必須の機能ですね。

関連記事ブロック

SWELLでは、関連記事ブロックのデザインが3種類あります。

記事を作成していると、過去に書いた記事を、執筆中の記事とあわせておすすめする場面も出てきますよね。そのときに必要なのが関連記事ブロックです。
SWELLでは3種類を使い分けられることで、記事の流れに合わせて関連記事の主張度合いを変更することができます。

実際の3種類の関連記事ブロックがこちらです。

ユーザーの目線に立った適切なチョイスができるのは、ありがたいですね。

広告タグ

広告タグとは、あらかじめ登録しておいた広告バナーを簡単に表示できる機能です。

広告タイプは

  • バナー型
  • アフィリエイト型
  • Amazon型
  • ランキング型
  • テキスト型

の5種類あります。

また、SWELLはこの広告タグの管理が非常にしやすいです。広告の内容に変更があった場合、管理画面から広告リンクを一括で変更でき、記事ごとに広告を変更する手間が省けます。また、広告のクリック数や表示回数も管理画面から一覧で確認できます

実際に広告タグ(アフィリエイト型)を設置するとこんな感じです。

アフィリエイターにとって大活躍間違いなしです。

ブログパーツ

SWELLのブログパーツとは、あらかじめ組み合わせておいた画像・テキスト・ボタンなどのセット一式を、コピーのように何度も使いまわせる機能です。

このようなさまざまなパーツをひとまとめにしたものは、何度も同じものを使用する場面が出てくるので、前もってセッティングしておいたまとまりを簡単に呼び出せるのはメリットです。

このブログパーツに似た機能として、WordPressに元々備わっている「再利用ブロック」というものがあります。再利用ブロックは記事内のみで使用できるのに対し、SWELLのブログパーツはメインビジュアルやウィジェットなど、サイト内のあらゆる場所に呼び出すことができます。

効率アップのためにぜひ利用したい機能になります。

ABテストブロック

ABテストブロックとは、あらかじめ用意しておいたAパターン・Bパターンの2種類のブロック(広告)を、ページが表示されるたびにランダムに表示する機能です。

また、ブロック部分にSWELLの広告タグやSWELLボタン(購入を誘導するボタン)を設置し、どちらの広告のクリック率が高いか計測することができます。そのため、より効果的な広告パターンを把握できるようになるのです。

以下の広告は、実際のABテストでランダムに表示させるようにしています。

一方で、ブログパーツで呼び出した広告タグやSWELLボタンでは、数値の計測ができない仕組みになっているので注意が必要です。しかしながら、収益化に大変役立つおすすめの機能となります。

SWELLをオススメする理由:まとめ

SWELLは、豊富な機能と抜群の使いやすさから、初心者にもおすすめのテーマです。

2019年にリリースされた比較的新しいWordPressテーマで、開発者の了さんのSWELL開発に向かう姿勢も好印象です。ワプラボでもSWELLを使用しています。シンプルな操作で執筆がしやすく、スムーズに作業を進められています。

快適で安心なWordPress運営のためにも、SWELLの導入をオススメします!!

進化し続ける至高のWordPressテーマ

「ワプラボ」もSWELLを使っています!

レンタルサーバーおすすめランキング

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次