【SEO SIMPLE PACK】SEO最適化プラグインの設定と使い方

【SEO SIMPLE PACK】SEO最適化プラグインの設定と使い方
  • URLをコピーしました!

当ブログのコンテンツ・情報について、できる限り正確な情報を提供するように努めておりますが、正確性や安全性を保証するものではありません。情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

SEO最適化プラグイン「SEO SIMPLE PACK」の設定項目や使い方を解説します。

「All in One SEO」や「Yoast SEO」のように多機能なプラグインではありませんが、「SEO最適化機能は最低限で良い」という方にオススメです。

目次

「SEO SIMPLE PACK」の特徴を紹介

特徴
  • シンプルな設計
  • SWELL開発者「了氏」制作の国産プラグイン

SEOに必要なメタタグやカノニカルURLの設定、ページ・投稿・タームごとの一括設定、Google Analystやウェブマスターツールの認証コードの設定、OPG情報の設定などを備えています。

「SEO SIMPLE PACK」はSWELLと同じ了氏開発のプラグインです。国産プラグインかつ、シンプルな作りなので、直感的な操作で設定ができます。また、バグも少なくサイトへの負荷も小さいため、サイト表示速度の低下もほとんどありません。

インストール方法と設定画面

STEP
インストール

WordPress管理画面から「SEO SIMPLE PACK」を検索し、インストール、有効化します。

SEO SIMPLE PACK
STEP
設定画面

左メニューの「SEO SIMPLE PACK」の「一般設定」または「OGP設定」をクリックします。

一般設定(サイト全体の設定)

基本設定

基本設定

設定項目推奨値
サイトのタイトル(確認用)
サイトのキャッチフレーズ(確認用)
区切り文字任意
「フロントページ」のタイトルタグ任意
「フロントページ」のディスクリプション任意
「フロントページ」のキーワードキーワード2~3個

『「フロントページの」ディスクリプション』は未記入の場合はサイトのキャッチフレーズが自動的に設定されます。

『「フロントページ」のキーワード』にはサイト全体のキーワードを2~3個入力しましょう。ただし、googleやbingはメタキーワードを参照しないため入力してもほとんど意味はなく、未記入でも構いません。

特殊ページ設定

設定項目推奨値
「検索結果ページ」のタイトルタグ任意
「404ページ」のタイトルタグ任意
「Feed page」をインデックスさせない「はい」

『「Feed page」をインデックスさせない』はfeed(例:https://wplabo.net/feed/)を検索エンジンにインデックスさせるかどうかの設定です。feedをインデックスさせる意味はなく(そもそもインデックスされない)、「はい」推奨です。

投稿ページ

投稿

設定項目推奨値
「投稿」をインデックスさせない「いいえ」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

『「投稿」をインデックスさせない』は投稿記事を検索エンジンにインデックスさせるかどうかの設定です。ここで「いいえ」を選んでも個別に特定の記事を「noindex」に設定することは可能です。

固定ページ

設定項目推奨値
「固定ページ」をインデックスさせない「はい」または「いいえ」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

固定ページは主にプライバシーポリシー、免責事項、お問い合わせフォーム、HTMLサイトマップ等です。

『「固定ページ」をインデックスさせない』はどちらでも良いと思いますが、当サイトは「はい」に設定しています。なお、表示設定でホームページの設定を固定ページとしている場合、「はい」にしてもフロントページはnoindexにはなりません。

カスタム投稿タイプ : 「LP」

設定項目推奨値
「LP」をインデックスさせない「はい」または「いいえ」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

メディアページ

設定項目推奨値
「メディアページ」を使用しない「はい」
「メディアページ」をインデックスさせない「はい」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

「メディアページ」とはメディアライブラリにアップロードした画像ごとに作成されるページです。

メディアページはユーザービリティ的にもSEO的にも無いほうがいいでの、『「メディアページ」を使用しない』は「はい」推奨です。

メディアページを使用する場合でも、『「メディアページ」をインデックスさせない』は「はい」推奨です。

タクソノミーアーカイブ

カテゴリー

設定項目推奨値
「カテゴリー」のアーカイブページをインデックスさせない「はい」または「いいえ」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

当サイトではWordPressが自動生成したカテゴリーページに価値は無いと考えているので、『「カテゴリー」のアーカイブページをインデックスさせない』は「はい」を選択しています。

カテゴリーページにもSEO効果があるとの意見があるのも事実ですが、WordPressが自動生成したカテゴリーページではなく「価値のあるカテゴリーページ」を自作したほうが良いでしょう。

また、「タグ」をインデックスさせる場合は「カテゴリー」をインデックスさせないほうが良いです。

タグ

設定項目推奨値
「タグ」のアーカイブページをインデックスさせない「はい」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

タグのページはカテゴリーページよりも価値が低いのでインデックスさせないほうが良いでしょう。

仮に、タグをインデックスさせる場合はカテゴリーをさせないようにしましょう。インデックスさせるとしても、どちらか一方にすべきです。

その他アーカイブ

「著者」のアーカイブページ

設定項目推奨値
「著者」のアーカイブページを使用しない「はい」
「著者」のアーカイブページをインデックスさせない「はい」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

ブログを一人で運営している場合、著者のアーカイブページは不要です。また、複数人で運用する場合でも、著者のページは自作したほうが良いでしょう。

「日付」のアーカイブページ

設定項目推奨値
「日付」のアーカイブページをインデックスさせない「はい」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

日付のアーカイブページに価値はないのでインデックス不要です。

「カスタム投稿タイプ」のアーカイブページ

設定項目推奨値
「カスタム投稿タイプ」のアーカイブページをインデックスさせない「はい」または「いいえ」
タイトルタグの形式任意
ディスクリプションの形式任意

カスタム投稿タイプとは「投稿」と「固定ページ」とは別に「投稿タイプ」を作成する機能です。よくわからなければインデックス不要です。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクス設定

設定項目推奨値
トラッキングコードの種類「gtag.js」
「トラッキングID」または「測定ID」トラッキングIDを入力

「トラッキングコードの種類」は「gtag.js」を選びましょう。「analytics.js」は古い仕様です。2023年7月以降のGA4完全移行後は「analytics.js」は使えなくなってしまいます。

ウェブマスターツール

ウェブマスターツール認証コード

設定項目推奨値
Googleサーチコンソールの認証コードサーチコンソールの認証コード
Bingの認証コード任意
Baiduの認証コード任意
Yandexの認証コード任意

検索エンジンからのアクセスはほぼ「Google」からですので、Googleサーチコンソールの登録は推奨です。Bing、Baidu(中国)、Yandex(ロシア)は任意です。

OPG設定

OPGとはOpen Graph Protcolの略で、TwitterやFacebookなどに投稿した際にページのタイトルや画像をSNS側に正しく伝えるための情報です。

基本設定

OGPタグの基本設定

設定項目推奨値
“og:image”の画像サイトのイメージ画像

サイトのイメージ画像を選択します。SNSに投稿しない場合でも、関連記事の画像に使用するので何かしらの設定を推奨します。

記事の“og:image”の画像はアイキャッチ画像が自動的に設定されます。アイキャッチ画像がない場合、ここでの設定が反映されます。

Facebook

設定項目推奨値
Facebook用のメタタグを使用する「はい」または「いいえ」
FacebookページのURL任意
fb:app_id任意
fb:admins任意

ご自身のFacebookアカウントを連携できます。

Twitter設定

設定項目推奨値
Twitter用のメタタグを使用する「はい」または「いいえ」
Twitterアカウント名任意
カードタイプ「summary_large_image」

ご自身のTwitterアカウントを連携できます。カードタイプは「summary_large_image」のほうがデカデカと画像が表示されるため、訴求効果が高くなります。

記事ごとの設定

各記事の投稿画面最下部(初期)に「SEO SIMPLE PACK」の設定項目があります。

設定項目解説
このページの”robots”タグ任意で「noindex」や「noindex,nofollow」に設定できます。
このページのタイトルタグ任意で<title></title>の値を置き換える事ができます。
このページのディスクリプションメタディスクリプションの設定です。未設定の場合、本文の冒頭部分が自動的に設定されます。
このページの”og:image”OGPイメージ画像を設定します。未設定だとアイキャッチ画像が自動的に設定されます。
このページの”canonical” URLカノニカルURLを設定します。未設定だとこの記事のURLが自動的に設定されます。
このページのキーワードメタキーワードを設定します。

メタキーワード以外は自動的に設定されるので、特に設定しなくても問題ありません。また、メタキーワードはgoogleやbingは参照しないので設定しなくても問題ありません。

ただし、メタディスクリプション(google等の検索結果に表示される要約)は自動生成文だと不自然な場合があるので、検索クリック率を向上させるためには自分で入力したほうが良いケースもあります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントはまだありません。最初のコメントを投稿しませんか?

コメントは管理人の承認後、表示されます。

目次